HOME > 海外派遣試合 > エビアンマスターズジュニアカップ2008

海外派遣試合

7月19日・20日の日程でフランスのエビアンマスターズゴルフにて開催されましたエビアンマスターズジュニアカップ2008についての大会レポートをお届けします。

派遣選手

青野憲太郎(京都学園中3年)

主な戦績

  • 2008 ロレックスジュニアゴルフチャンピオンシップ 2位

青野憲太郎

阿久津未来也(河内中2年)

主な戦績

  • 2008 ロレックスジュニアゴルフチャンピオンシップ 4位タイ

阿久津未来也

鈴木愛(三加茂中2年)

主な戦績

  • 2008 ロレックスジュニアゴルフチャンピオンシップ 4位タイ

鈴木愛

飛田愛理(双葉台中2年)

主な戦績

  • 2008 ロレックスジュニアゴルフチャンピオンシップ 4位タイ

飛田愛理

大会スコア

男子スコア

順位 名前 国名 1日目 2日目 トータルスコア
1位 Alexander MATLARI ドイツ 67 72 139
2位 Adam STROM デンマーク 68 73 141
3位 S CHIKKARANGAPPA インド 73 70 143
13位 阿久津未来也 日本 71 83 154
23位 青野憲太郎 日本 84 77 161

女子スコア

順位 名前 国名 1日目 2日目 トータルスコア
1位 Kyung KIM アメリカ 72 72 144
2位 Daisy NIELSEN デンマーク 74 74 148
3位 Annie PARK アメリカ 74 75 149
6位 鈴木愛 日本 72 80 152
13位 飛田愛理 日本 82 76 158

団体戦スコア

順位 国名 トータルスコア
1位 スペイン 438
2位 アメリカ 438
3位 デンマーク 450
7位 日本 456

大会詳細

エビアンマスターズジュニアカップ  記念すべき第1回大会で団体優勝、個人戦優勝を果たした日本チーム。第2回大会も連覇の期待がかかる。 団体戦は男女4名の成績のうち各日上位3名の合計ストロークの2日間で争われる。

青野憲太郎

 日本チームトップでティーオフした青野憲太郎(京都学園中3年)だがノーバーディーのゴルフで初日79と出遅れる。 芝の上に座り込んで動かない青野。悔しさと情けなさで動きたくないようだったが昼を摂り練習場に向った。 2日目、まき返しを図り前半1オーバー37で折り返したが14番のショートで+4をたたき、残り全ホールバーディーを狙うも トータル79でホールアウト。158の23位と想定外の結果に終わった。 青野が大会終了後の次の日も練習場から離れようとしなかったことは言うまでもない。

阿久津未来也

 阿久津未来也(河内中2年)は前半4バーディー1イーグルを奪い35の1アンダーでターン。 「バーディーの数は多いのにダボを打ちすぎた」と、後半戦の10番11番をダボとし、その後2バーディー2ボギーと3オーバーの75で13位。 2日目も4バーディーを取りながら75。トータル150で13位と順位を上げることが出来なかった。

鈴木愛

 「緊張しなかった」という鈴木愛(三加茂中2年)は4バーディー4ボギー72のパープレーで女子個人戦の初日トップタイに立ち、 団体戦もなんとか5位にくい込んだ。2日目「全部悪かった」と80をたたきトータル152の6位で大会を終えた。

飛田愛理

 練習ラウンドでは一番調子が良かった飛田愛理(双葉台中2年)だが6番でお先のパターから4パットしたことでリズムを崩し 初日82のスコアに元気がない。昼ご飯を食べずにドライビングレンジへと向った。2日目、飛田は9番でイーグルを奪い前半イーブンで 折り返す。期待がかかる後半だったが4オーバーの76とし合計158の13位で飛田の海外初挑戦が終わった。

PHOTOアルバム

  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO


ページトップにもどる