HOME > 過去の大会結果 > 2014年 > サマーゴルフジュニアクラシック

2013サマーゴルフジュニアクラシック

  • 決勝大会
  • 地区大会
  • PHOTOアルバム

大会詳細

サマーゴルフジュニアクラシック サマーゴルフジュニアクラシックの決勝大会が9月13日〜15日サンコー72CC(群馬県高崎市)で行われた。  昨年は台風の直撃を受けて1日競技に短縮された。今年も日本中ゲリラ豪雨に襲われ心配されたが、3日間とも好天に恵まれた。夏に戻ったかのような暑さの中で、「サマー」の名にふさわしい熱戦が繰り広げられた。

猪狩広大 プレーオフで薄氷の総合優勝

サマーゴルフジュニアクラシック

 1日目に34・31の6アンダー65で飛び出したのが、猪狩広大(ルネサンス高1年)。妙義のパー5、2つのイーグルが光る。3打差の68で星野陸也(水城高3年)。6打差の71で小野耕平(西武台千葉高3年)、森下蓮(日本ウェルネス高1年)、阪根竜之介(国士舘高1年)、河田丈一郎(開志学園高3年)。猪狩と星野の一騎打ちの予感。
 2日目は33・34の4アンダー67で回った高橋慧(開志学園高2年)がトータル2アンダーで3位に躍進。猪狩と星野は71で1位(6アンダー)と2位(3アンダー)を守る。4位は71の森下。70の南沢弥(興國高1年)と中井賢人(日出高1年)が73の阪根と並んで5位タイ。猪狩と星野の争いに高橋は食い込めるか?
 最終日の優勝争いは混戦模様。前半猪狩が2ボギーで4アンダーに落とした。2位の星野は3アンダーのまま、3位の高橋も2アンダーのまま折り返した。後半の1番で高橋と猪狩がバーディーを奪い、3アンダーと5アンダーに伸ばした。一方、星野は3〜6番で驚異の4連続バーディー、一気に7アンダーに。猪狩は4番バーディーで6アンダーにしたが6番ボギーで星野に2打逆転されてしまう。高橋は2番以後パーを重ね3アンダーのままホールアウト、3位タイに終わる。この日33・32の6アンダー65を叩き出したのが本間佑(水城高2年)。3位タイに順位を上げた。5位には森下が入った。 優勝争いは急展開を見せる。8番で星野がボギーを叩き6アンダー。それでも1打リードしていた。最終9番、2オンした猪狩は6mのイーグルパットを残していた。星野はエッジから3打目を50pに寄せた。猪狩の渾身のパットが入って7アンダーで並び、プレーオフに持ち込まれた。
 プレーオフの舞台は榛名コース。1番は2人ともパー。2番パー3。猪狩は1オン、5mのバーディーパットが残った。星野は1オンならず、2mに寄せる。またも猪狩がバーディーを決め総合優勝を手に入れた。チームタイガーの猪狩と7年ぶり出場の星野。その差が明暗を分けたのかもしれない。

工藤優海 3日間トップ譲らず2度目の総合優勝

サマーゴルフジュニアクラシック 1日目に好スタートを切ったのが工藤優海(麗澤高1年)。4アンダー67で首位に躍り出た。2打差の69で伊藤栞奈(千葉経済大高3年)と幡野夏生(堀越高2年)。3打差の70に長崎美優(近江高3年)、小倉ひまわり(日出高1年)、臼井麗香(日本ウェルネス高1年)。71で辻岡愛理(香川西高2年)、竹山佳林(ルネサンス大阪高3年)。アンダーが6人の大混戦だ。
 2日目に爆発したのが小倉。前半を33で回り36の工藤をとらえた。後半も追いつ追われつ、ともに34で小倉が67、工藤が70、トータル137で並んだ。3位に浮上したのが臼井、この日72、トータル142で5打差を追う。工藤と小倉の一騎打ちの様相。
 最終日は前半36の小倉に対し、工藤はショットがピンにからんで3バーディー、33で3打差つけた。割って入ったのが臼井。パットが好調で3バーディーの33で上がる。後半も臼井は2、3、5番でバーディーを奪い6アンダーまで伸ばし、3番バーディー・5番ボギーの小倉を1打逆転。7番ボギーの工藤に1打差まで迫った。だが最終ホールで2打目を曲げてボギー。66で上がるも208で3位に終わる。2位は8番バーディーで70にまとめ207の小倉。優勝は7番ボギー以外パーで耐えた工藤。この日69で206の辛勝だったが、3日間首位を守り完全優勝で総合Vを飾った。4位にホールインワンの西畑萌香(日本ウェルネス高1年)。

伊藤泰良 うれしい初優勝

サマーゴルフジュニアクラシック  1日目に36・34の1アンダー70でトップに立ったのが竹山昂成(塚口中3年)。71で中尾亮太(同志社中2年)と宮川大輝(吉原東中2年)。中尾の榛名2番パー5のイーグルが光る。72に新井隆一(西部中2年)。73に伊藤泰良(みつわ台中3年)と山内一輝(追手門大手前中2年)。アンダーが1人だけというのは少しさびしい。
 2日目は5位発進の伊藤が前半2番からの4連続バーディーが効いて33・35の3アンダー68、トータル141でトップに躍り出た。竹山は後半7番まで首位を守っていたが8番で痛恨のトリプルを叩き、72の142で2位に後退した。143で宮川。144に中尾と三田真弘(京山中1年)。三田はこの日69をマーク、9位タイから急浮上。
 最終日の前半を終わって脱落したのはダボスタートで6つスコアを落とした宮川。竹山もダボを2つ叩きトータル5オーバーに落とす。三田も1つ落として3オーバー。伊藤も3つ落として2オーバー。唯1人中尾が1つ伸ばして1オーバーで首位に立った。
 後半に入り、三田も竹山も調子が上がらない。中尾と伊藤の一騎打ちとなった。1番は2人ともバーディー。2番伊藤ボギーに中尾ダボで並ぶ。3、4番2人ともボギー。5番2人ともバーディー。しかし6番中尾ボギーで伊藤が1打リード。9番伊藤バーディーで2打差に広がった。伊藤はこの日74トータル215でうれしい初優勝を飾った。2位は73の217で中尾。3位は74の218で三田。219の4位タイには77叩いた竹山と、69とがんばった渡辺真悟(東海難中3年)が入った。

古江彩佳 3日間首位を独走

サマーゴルフジュニアクラシック  1日目に35・34の2アンダー69で首位スタートの古江彩佳(長田中2年)。1打差の1アンダー70で吉田莉生(城南中3年)が続いた。72に高久みなみ(西郷第一中2年)、須田愛美佳(沖学園中3年)、河野杏奈(松沢中3年)。73に山口すず夏(鵜野森中2年)、薮田梨花(斑鳩中3年)、坂井留奈(戸田中3年)。74に山ア花音(燕北中2年)、西郷真央(麗澤中1年)、花渕里帆(稲毛高附属中3年)。アンダーは2人いた。
 2日目の古江はパープレー71でトータル140、3バーディー・3ボギーの安定したゴルフでトップを守った。2位には72で144の河野。差は4打に広がった。145の3位タイに吉田と薮田。147に高久。148に山田沙楽(城山中2年)。149に河村來未(埼玉栄中3年)。150に西郷。152で山口、花渕、岩ア美紀(三芳中2年)、鴻上みらい(明徳義塾中2年)。アンダーは古江1人になった。
 最終日の前半、4ホールまでに古江は3つのボギーを叩いてトータル1オーバーまで落とした。しかし古江を脅かす者は現れない。河野が2オーバーを維持して1打差に縮めたぐらい。しかも古江は5、6番と連続バーディーを奪い1アンダーに戻す。河野も6番バーディーでがんばるが、7,8番と連続ボギー。結局、前半は2人とも37で折り返し、4打差のまま。
 後半の3番パー5、河野が持ち前の飛距離を生かし1m半に2オン、楽々イーグルを奪ってトータル1オーバーに戻す。古江もバーディーで2アンダー。続く4番でも河野はバーディーを奪いイーブンとし2打差まで迫る。しかし、5番で痛恨のダボを叩いた河野に対し古江はバーディー、差は5打に広がった。上がってみれば古江は70、この日もアンダーで回りトータル210。総合優勝には届かなかったが、この部門で3日間首位を走り3度目の栄冠に輝いた。2位の河野は72の216。6打及ばなかった。3位は217で吉田。4位は219で高久。5位タイに薮田と西郷が入った。

大嶋宝 2日ともアンダーそろえ初優勝

サマーゴルフジュニアクラシック  1日目は好天に恵まれ、夏に戻ったような暑さをものともせず、前半3バーディー・ノーボギーの33で飛び出したのが赤石拓斗(二ツ井小6年)。34で追うのが大谷元気(藤森小6年)、加藤将(弦打小5年)、大嶋宝(天城小5年)玉木海凪(彩都西小6年)。後半4番からの3連続バーディーが効いて35で上がった大谷が3アンダーの69でトップに立った。70で続いたのが加藤と大嶋。73が赤石、玉木、小林拳史郎(貝の花小6年)。74に仲宗根寛瑛(西柴小6年)、村上豊駿(宝小6年)、湯原光(赤見小5年)、久常涼(広野小6年)、川畑京太郎(佐貫小6年)。
 最終日は曇り空で気温も上がらず絶好のゴルフ日和になり好スコアが続出した。前半大谷、1番でドライバーが突き抜けてOBしボギースタートながら2、4番バーディーでトータル4アンダーまで伸ばす。一方の大嶋4、7番バーディーを奪い追いつく。9番バーディーでとうとう逆転した。加藤は2ボギーでイーブン。優勝争いは大嶋と大谷に絞られた。
 後半、1番で大谷バーディーを奪い大嶋に並ぶ。2番大嶋ボギーに、大谷痛いダボ。ここで1打差がついた。気をよくした大嶋が4番から波に乗り3連続バーディーで7アンダーまで伸ばし大谷に4打差つけた。結局、大嶋がこの日68トータル138で初優勝を決めた。大谷は73で142の2位タイ。2位タイには72の加藤、68とがんばった村上も入った。5位には69で143の久常。6人がアンダーで回った。

平木亜莉奈 5打差7位からの大逆転

サマーゴルフジュニアクラシック  1日目は暑さのせいかスコアが伸びない。トップも2オーバーの74で2人いた。貞永茉白(天美北小6年)と安部明日香(八次小6年)。75に篠崎葵(豊玉南小6年)。76に黒木優香(藤沢北小5年)、寺岡沙弥香(丸橋小6年)、岡田樹花(寺前小6年)。79で平木亜莉奈(下里見小6年)、徳安春奈(周船寺小5年)、貞永葵生(天美北小6年)、六車日那乃(尾間木小6年)、ガスマン緋那(南河原小6年)。
 最終日、 そよモェ心地よい絶好のコンディションなのに上位陣は雪崩を打って崩れた。前半、貞永茉が5ボギーでトータル7オーバー、篠崎が2ボギー・1ダボで7オーバー、寺岡が2ボギーで6オーバー。前半を終わって、岡田が2バーディーを奪い2オーバーでトップに立った。2位は4バーディーの32で上がった平木が3オーバー。2ボギーの安部が4オーバーで3位。黒木が5オーバーで続いた。
 後半に入っても流れは変わらない。トップの岡田が1番でトリプル。2、3番連続ボギーを叩き3ホールで7オーバーに後退。逆に平木は2バーディー・1ボギーの安定したゴルフで2オーバーに伸ばし、優勝を手に入れた。この日67、トータル146。67は2日間を通して唯一のアンダー、5打差7位タイからの大逆転だった。2位は5、9番でバーディーを奪い73の149まで戻した岡田。3位は74の150で黒木。4位は後半3番から連続4バーディーを奪った佐藤有仁加(宇都宮大小6年)、72の152で12位から大躍進。5位に79の153で阿部が残った。

各部門優勝選手

15〜18男子の部

猪狩 広大
ルネサンス高校(1年)

 猪狩 広大

 プレーオフはとにかくフェアウェイに打ってパーオンすることを心がけました。優勝できて嬉しいけど、総合優勝してアメリカに行きたかった。前半の1アンダーで総合優勝を意識しすぎました。2日目にこのコースで69というスコアを出せて自信になりました。

12〜14男子の部

伊藤 泰良
みつわ台中学校(3年)

伊藤 泰良

 初めての優勝でものすごくうれしい。前回は3位でした。今回は優勝をめざしいっぱい練習してきました。最終日、総合優勝も5打差で狙う気持ちはあったけど伸ばせなかった。JJGAの全国大会でいっぱい優勝できるようがんばります。

11歳以下男子の部

大嶋  宝
天城小学校(5年)

大嶋  宝

 5年生で優勝できてうれしい。観音9番で逆転した時は100%優勝する自信があったけど少し緊張しました。5年生のうちに全国大会でもう1回優勝したい。プロになって賞金王になりたい。

15〜18女子の部

工藤 優海
麗澤高校(1年)

工藤 優海

 優勝を狙って優勝できたのでうれしい。ミスをしても下を向かないで最後まで自分のプレーをすることをテーマに臨みました。自分の中で納得いかない部分があったので、そこは練習します。アメリカ派遣は2回目なのでトップ10をめざします。

12〜14女子の部

古江 彩佳
長田中学校(2年)

古江 彩佳

 3日間1位を維持できて良かった。今回はボギーを打たないように、でも攻められるときは攻めるゴルフをめざしました。安定したゴルフができたと思う。これからもずっと上位を維持できたらいいなと思います。日本ジュニアの優勝が目標。

11歳以下女子の部

平木亜莉奈
下里見小学校(6年)

平木亜莉奈

 5打差もあったのにひっくり返して優勝できてうれしい。5月のスプリングジュニアも6打差を逆転したので狙っていた。初日アイアンが悪く練習場で調整し気をつけて打ったのが良かった。1日目をもっと緊張感を持ってやります。世界ジュニアに出場したい。

大会スコア

15歳〜18歳男子の部(6,829ヤード、パー71)

順位 名前 学校名 1日目 2日目 3日目 トータルスコア
*1位 猪狩 広大ルネサンス高校(1年) 65 71 70 206
2位 星野 陸也水城高校(3年) 68 71 67 206
3位T 本間  佑 水城高校(2年) 76 69 65 210
3位T 高橋  慧 開志学園高校(2年) 73 67 70 210
5位 森下  蓮 日本ウェルネス高校(1年) 71 71 70 212

12歳〜14歳男子の部(6,829ヤード、パー71)

順位 名前 学校名 1日目 2日目 3日目 トータルスコア
1位 伊藤 泰良みつわ台中学校(3年) 73 68 74 215
2位 中尾 亮太同志社中学校(2年) 71 73 73 217
3位 三田 真弘 京山中学校(1年) 75 69 74 218
4位T 渡辺 真悟 東海南中学校(3年) 76 74 69 219
4位T 竹山 ミ成 塚口中学校(3年) 70 72 77 219

11歳以下男子の部(5,945/5,849ヤード、パー72)

順位 名前 学校名 1日目 2日目 トータルスコア
1位 大嶋  宝天城小学校(5年) 70 68 138
2位T 村上 豊駿宝小学校(6年) 74 68 142
2位T 大谷 元気 藤森小学校(6年) 69 73 142
2位T 加藤  將 弦打小学校(5年) 70 72 142
5位 久常  涼 広野小学校(6年) 74 69 143

15歳〜18歳女子の部(6,240ヤード、パー71)

順位 名前 学校名 1日目 2日目 3日目 トータルスコア
1位 工藤 優海麗澤高校(1年) 67 70 69 206
2位T 小倉ひまわり日出高校(1年) 70 67 70 207
2位T 臼井 麗香 日本ウェルネス高校(1年) 70 72 66 208
4位T 西畑 萌香 日本ウェルネス高校(1年) 74 73 67 214
4位T 長ア 美優 近江高校(3年) 70 73 72 215
4位T 桑原  萌 健大高崎高校(2年) 73 71 71 215

12歳〜14歳女子の部(6,240ヤード、パー71)

順位 名前 学校名 1日目 2日目 3日目 トータルスコア
1位 古江 彩佳長田中学校(2年) 69 71 70 210
2位 河野 杏奈松沢中学校(3年) 72 72 72 216
3位 吉田 莉生 城南中学校(3年) 70 75 72 217
4位 高久みなみ 西郷第一中学校(2年) 72 75 72 219
5位T 西郷 真央 麗澤中学校(1年) 74 76 72 222
5位T 薮田 梨花 斑鳩中学校(3年) 73 72 77 222

11歳以下女子の部(5,945/5,849ヤード、パー72)

順位 名前 学校名 1日目 2日目 トータルスコア
1位 平木亜莉奈下里見小学校(6年) 79 67 146
2位 岡田 樹花寺前小学校(6年) 76 73 149
3位 黒木 優香 藤沢北小学校(5年) 76 74 150
4位 佐藤有仁加 宇都宮教大附属小学校(6年) 80 72 152
5位 安部明日香 八次小学校(6年) 74 79 153

※15歳〜18歳 男子の部はプレーオフで優勝を決定した。

大会全部門成績表



ページトップにもどる